総会研究会|大学病院の緩和ケアを考える会

トップページ
総会研究会

2017年度「第23回大学病院の緩和ケアを考える会総会研究会」のご案内です。事前のお申し込みは、ランチョンセミナーの予約も含め8月31日まで受け付けております。問い合わせ画面から、お名前、ご所属、職種を明記の上、送信してください。
多くのご参加をお待ちしております。

ポスターはこちら>>

総会研究会
第23回 大学病院の緩和ケアを考える会 総会研究会
リアルキャンサーボード〜全人的視点で考えるがん治療と緩和ケア〜

当番世話人:藤本肇・相澤佳代子(防衛医科大学校病院)
【日本医師会生涯教育制度5単位(カリキュラムコード 2,5,10,13,81)】
【日本緩和医療薬学会認定2単位・認定看護師更新ポイント加算対象】

ポスターはこちら>>

日 時 2017年9月16日(土)
会 費 会員1000円 非会員5000円 
北里大学関係者1000円 学生無料(社会人学生の場合有料)
会 場 防衛医科大学校(臨床大講堂)
次 第 11:30 総会
代表世話人 高宮有介(昭和大学医学部医学教育学)

11:45 ランチョンセミナー 弁当:事前予約購入(お茶付1200円)または各自持込(ゴミはお持ち帰り下さい)
「海外での多職種連携のキャンサーボード」

座 長  山本順司(防衛医科大学校病院肝胆膵外科)
講 師  森 雅紀(聖隷三方原病院緩和ケアチーム)

13:10 研究会開会挨拶
浅野友彦(防衛医科大学校病院 病院長)

13:15 防衛医科大学校医師会長挨拶
古谷健一(防衛医科大学校病院 副院長)

13:20 当番世話人挨拶・開催趣旨説明

13:25 リアルキャンサーボード
「骨盤内再発と骨転移を来した直腸がん患者の治療と療養を考える」

【座長】斎藤真理(横浜市立大学附属市民総合医療センター緩和ケア部)
藤本 肇(防衛医科大学校病院緩和ケア室)

ミニレクチャー
■「骨転移に対する放射線アプローチ」 北本佳住(高崎総合医療センター放射線治療部)
■「がん性疼痛に対する神経ブロック」 西木戸修(昭和大学横浜市北部病院麻酔科)
■「骨転移の包括的ケア」 木辰哉(順天堂大学整形外科・リハビリ科・緩和ケアセンター)
■「治療併用期の緩和ケアと治療終了期の緩和ケア」 中村陽一(東邦大学医学部臨床腫瘍学講座)

キャンサーボード パートT 「治療面からの事例検討(フロア・講師を交えて)」

ワンポイントレッスン
「看護師としての退院支援への関わり」 塩井厚子(埼玉医科大学国際医療センター退院調整支援室)
「MSWとしての社会・経済的支援への関わり」 黒川清美(防衛医科大学校病院地域医療連携室)
キャンサーボード パートU 「療養面からの事例検討(フロア・講師を交えて)」
座長による事例総括


17:00 特別講演「抗がん剤中止をどうやって患者さんに伝えればよいか?」
【座長】穂苅量太(防衛医科大学校病院消化器内科)
【講師】勝俣範之(日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科)

18:00 来年度開催校の紹介

18:05 閉会挨拶
蒔苗奈都代(防衛医科大学校病院 看護部長)

18:10 閉会挨拶
申し込み ※事前登録された方しか入場いただけませんのでご注意ください 〜締切8月31日17:00厳守(弁当予約同時締切)お問合せフォームにて
お名前とご所属、職種をご連絡ください。
第22回 大学病院の緩和ケアを考える会 総会・研究会
地域包括ケア・多死時代に向けた緩和ケア 〜大学病院としてなにをすべきか〜

当番校代表:佐々木治一郎
当番世話人:荻野美恵子・近藤まゆみ(北里大学)
【日本緩和医療薬学会認定講習会(2単位)】
【認定看護師の更新ポイント加算対象研究会】

ポスターはこちら>>

日 時 2016年9月17日(土)
会 費 会員1000円 非会員5000円 
北里大学関係者1000円 学生無料(社会人学生の場合有料)
会 場 北里大学病院(臨床講義室1・ランチョンセミナー)・北里大学(L1号館6階63号室・総会&研究会)
次 第 12:00 ランチョンセミナー(予約制)
「がん性疼痛に対するくも膜下ポートを用いた麻酔管理」

【座長】早川 和重(北里大学医学部射線腫瘍学 教授)
【演者】金井 昭文(北里大学医学部附属新世紀医療開発センター 疼痛学 教授)

13:10 総会
代表世話人 高宮有介(昭和大学医学部医学教育推進室)

13:30 開会挨拶
早川 和重(北里大学病院 副病院長)

13:35 本研究会のねらい
荻野美恵子(北里大学医学部附属新世紀医療開発センター包括ケア全人医療学講師)

13:55 ナースによるナースのためのワンポイント講座
「非がん領域の緩和ケア推進におけるポイント」膠原病・循環器・救急・RST等の取り組みより

【コーディネーター】近藤まゆみ(北里大学病院 集学的がん診療センター がん看護専門看護師)

15:05 シンポジウム
「早期から看取りまでの緩和ケア〜がんも非がんもなく〜」

【座長】佐々木治一郎(北里大学医学部附属新世紀医療開発センター臨床腫瘍学 教授)
黒子 幸一(秦野メディカルクリニック 院長)
■OCNSの活動 〜ハブ機能としての緩和ケア看護外来を中心に〜
【シンポジスト】近藤まゆみ(北里大学病院 集学的がん診療センター がん看護専門看護師)
■MSWの活動 〜地域へのつなぎと意思決定支援〜
【シンポジスト】早坂由美子(北里大学病院 トータルサポートセンター MSW)
■地域での取り組み1 〜医療の現場から〜
【シンポジスト】廣瀬 憲一(医療法人社団 守成会 広瀬病院 院長)
■地域での取り組み2 〜介護の現場から〜
【シンポジスト】小林 功(社会福祉法人 悠朋会 理事長)

16:55 特別講演
「地域包括ケア・多死時代にむけた緩和ケアにむけて大学病院としてなにをすべきか」

【座長】荻野美恵子(北里大学医学部附属新世紀医療開発センター包括ケア全人医療学 講師)
【講師】小野沢 滋(亀田総合病院 在宅医療部 顧問)

17:55 来年度開催校の紹介

18:00 閉会挨拶
佐々木治一郎(北里大学医学部附属新世紀医療開発センター 臨床腫瘍学 教授)
申し込み ※ランチョンセミナーの予約を含む事前参加登録は8月31日まで受け付けています。お問合せフォームにて
お名前とご所属、職種をご連絡ください。
第21回 大学病院の緩和ケアを考える会 総会・研究会
急性期病院の緩和ケア 〜患者本位の医療を提供するために〜

当番校代表:萬知子
当番世話人:窪田靖志・正保智恵美・野口恭子(杏林大学医学部付属病院)
【日本緩和医療薬学会認定講習会(2単位)】
【認定看護師の更新ポイント加算対象研究会】

日 時 2015年9月19日(土)
会 費 会員1000円 非会員5000円 
杏林大学職員1000円 学生無料(社会人学生の場合有料)
会 場 杏林大学臨床講堂・大学院講堂
次 第 11:30 総会 代表世話人 高宮 有介(昭和大学医学部医学教育推進室)

11:55 開会挨拶 岩下 光利 (杏林大学医科学部付属病院 病院長)

12:00 ランチョンセミナー(共催:久光製薬株式会社)
テーマ「終末期のリハビリテーション」

【座長】林 和彦 (東京女子医科大学 化学療法・緩和ケア科 診療部長・教授)
【演者】安部 能成(千葉県立保健医療大学リハビリテーション学科 准教授)

13:00-13:15 休憩

13:15 ナースによるナースのためのワンポイント講座 
「家族支援がない終末期にある高齢者の看護」

【座長】坂元 敦子(杏林大学医学部付属病院 がん看護専門看護師)
【演者】大金ひろみ(杏林大学保健学部看護学科 准教授)

14:15-14:25 休憩

14:25 シンポジウム
「終末期患者のDNARと救急対応〜予期せぬ状況にどう対応するか?」

【座長】
長島 文夫(杏林大学医学部付属病院 腫瘍内科 准教授)
西木戸 修(聖マリアンナ医科大学病院 緩和医療学寄付講座 講師、医長)
【シンポジスト】
金井 文彦(医療法人社団 永研会 ちとせクリニック 院長)
齋藤 大輔(杏林大学医学部付属病院 急性・重症患者看護専門看護師)
武井 秀史(杏林大学医学部付属病院 呼吸器外科 医師)
中山佑紀子(医療法人社団 越川病院 がん看護専門看護師)
渡邉 武志(杏林大学医学部付属病院 消化器外科 医師)

15:50-16:00 休憩

16:00-17:00 特別講演
「終末期の法的倫理的課題−DNARの主体は誰か?」

【座長】助川 明子(横浜市立大学 産婦人科 客員研究員)
【講師】上杉 奈々(独協医科大学 教育支援センター 助教)

17:00 来年度開催校の紹介

17:10 閉会挨拶 古瀬 純司(杏林大学医学部付属病院 腫瘍内科 教授・がんセンター長)
申し込み ※事前参加登録は8月31日まで受け付けています。お問合せフォームにて
お名前とご所属、職種をご連絡ください。